またもりへ


朝の犬の散歩です。

家の裏はすぐ森。









昨晩は”I LOVE WOODS" の朗読会でした。

森を愛する人たちによる、森にちなんだ詩の朗読と音楽、踊りがこの村に住む人たちの集まりでありました。

住人とは言っても、音楽はヘルシンキ・フィルハーモニーの第1ヴァイオリニストやマリンバ奏者、

ダンスも有名なダンサー、朗読者のひとりにフィンランド映画の巨匠 アキ・カウリスマキの女優さん…

50人ほどの少人数のなかとても贅沢な贅沢な時間でした。


さて今日は森の奥深くへ。





幹の赤い印を追っていけば迷子にならないようになっています。



みあげる




黄金ぽい松ぼっくりと、切り株のぐるりと白っぽいのはシロップです。




こちらのブルーベリーはこんなふうに低く育っていて、つぼみがやっとできたところ。

8月にはベリー摘みができます。




サウナでいただいたビールにこの針葉樹の芽のスパイスが使われていました。




すずらんの路。もうすぐ咲きそう。咲くとすばらしい香の中白い花の路を歩けるのだそうです。

村のすずらんはもう咲いていたので、あと一息。かな。




ところどころに水の流れやちいさな滝があります。



湖も点在。





森をでると、キャンドルの製造所とショップがありました。

色にうっとり。






この看板は上の段が動物病院って書いてあります。読めない。。




大好きな園芸ショップが!買って帰れないのがほんとに残念!!





ミュージアムでは 森の木を使った展示会が催されていました。






ほんとうにすてきな人形作家ピィトゥの作品。

すこしずつ紹介していきますね。



*calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

*Lintukotoのこと

Lintukotoとはフィンランドの言葉で鳥の住処という意味です。フィンランド神話カレワラでは、渡り鳥たちはさむい冬に、暖かく守られた土地に飛んで行き、やさしい家、Lintukotoに住むと言われてます。
Lintukoto HP →

*selected entries

*categories

*archives

*search this site.

*others