新しいモヘアをショップにアップしました

こんにちは

 

テディベアLintukotoです

 

ドイツから新しいモヘアが届きましたのでお知らせいたします

 

他にもいろんなお色がございます。

 

大好評なのですが、限られた数しか入荷しておりません。

早めに売り切れちゃいそうです。

 

こちらからご覧くださいね。

 

こちらも大きなベアに。おすすめです。

 

 

 


クリスマスに向けて、テディベアを作ってみませんか?

きょうは、教室に通わなくても、私だけのベアが作れる、

そんなキットをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このベア、なんとも愛らしい表情をしていると思いませんか?

利倉佳子監修のテディベア作りのテキストを”先生”に、

Lintukotoが製作販売しているキットを使って初めて作られたベアです。

 

このテキストは、写真入りでとてもわかりやすい上、

細かなコツまで説明されていて、初心者の方でも、

このテキストとキットさえあれば愛らしいベアが作れます!

(詳細はこちら↓)

http://blog.lintukoto-torinoie.com/?eid=123

 

しかも材料は、モヘアからピン1つに至るまで、

すべてこだわり抜いた本物を使用しているんですよ。

手作りのベアに挑戦してみたいな、とお思いなら、

こちらのキットがオススメです。

 

Lintukotoでは、

このベア作りの基本が学べる「ルウト」キットと、

テキスト『テディベア作りA to Z』(テディベア協会発行)を

お得なセットでご用意しています。

 

秋〜冬の手仕事のシーズン、手縫いのベアに挑戦してみるのはいかがでしょう。

クリスマスには世界にたったひとつのテディベアをプレゼントしてみませんか。

 

はじめてでもできる!

テディベアキット「ルウト」とテキスト本のセット 

4,500円(税込4,860円)

http://shop.lintukoto-torinoie.com/?pid=77815273

 

 

 

* Lintukotoオススメのお道具と材料もそろいます *

 

またLintukotoでは、「ルウト」をはじめ、

初めてのベア作りに必要な材料やお道具たちも取りそろえています。

すべて、使いやすく、100年残るベアのために、

利倉佳子が選び抜いたものたちばかり。

ぜひご一緒にどうぞ。

 

□ Lintukotoオリジナル ルウトのなかみ(綿セット)

 556円(税込600円)

 なんと3種類の綿とビーズをセットしてお送りします(くったりタイプ用)。

 http://shop.lintukoto-torinoie.com/?pid=77727698

 

 

□ おまかせ糸 小さいサイズ100m 

 240円(税込259円)

 縫い糸です。お使いのモヘアに合わせて、お選びした色の糸をお送りします。

 http://shop.lintukoto-torinoie.com/?pid=60777510

 

 

□ Lintukotoオリジナル ぬいぐるみ用針セット 

 306円(税込330円)

 お教室でも使っている縫いやすく、しっかり縫える針の3本セットです。

 http://shop.lintukoto-torinoie.com/?pid=69365741

 

 

□ Lintukotoオリジナル スタッフィングスティックM,L 

 1,400円(税込1,512円)

 ぬいぐるみに綿をつめる時に使います。

 http://shop.lintukoto-torinoie.com/?pid=109274216

 

 

□ Lintukotoオリジナル ぬいぐるみ用針セット
 306円(税込330円)
 お教室でも使っている縫いやすく、しっかり縫える針の3本セットです。

 http://shop.lintukoto-torinoie.com/?pid=77834129

 

 

今回は、初めてベア作りをしてみたい方へ向けて、

キットとお道具をご紹介してみました。

 


としくらえみさんが描いた水彩画

としくらえみさんが描いた水彩画(植物からとった顔料によるシュタイナー画法)です。
暖かい色合いは、見ているだけでやさしい気持ちになります。

 

としくらえみの作品

藍、茜、木犀草などの植物からもらった顔料の絵の具で描きました。
ほんのり淡く溶いた絵の具をベールのように重ねながら色とかたちを創っていきます。
グリム童話には、昔話の魂を強くしてくれるような力が流れているように思います。
としくらえみ
(商品ページより引用)


作家の手による1点ものです。ご購入はこちらから。『星の金貨』
http://shop.lintukoto-torinoie.com/?pid=116940054

としくらえみさんの作品
http://shop.lintukoto-torinoie.com/?mode=grp&gid=1272805

スタッフ


 


クリスマスギフトにいかがですか?

寒かったり、暖かかったり今年の冬は温度差が激しくて

毎日着るお洋服選びも悩ましい日々ですね。

 

やっと週末から冬らしいお天気が続くようです。

 

さてさて。

 

お待たせいたしました。

 

めずらしい雑貨や暖かな布小物などをネットショップにアップし始めました!!

 

 

クリスマスっぽい柄や、暖かそうなニットを見ているだけで

なんだか幸せな気持ちになりますよね〜。

 

Lintukotoの小物たちは、ほとんどが一点ものです。

 

もし気に入ったものがありましたら、

お早めにご注文くださいね。

 

年内にもう少しお見せできるよう頑張ります。

 

日本ではなかなか見ることがないデザインがたくさんです。

 

たくさんの方にかわいいものを見ていただきたいです。

 

テディベアショップLintukotoのスタッフでした。

 

 

 


コンベンション出展の作家さん紹介

 

Lintukotoスタッフです。

 

先日のコンベンションにも出店されていた

いちおしのうちのおひとりの作家さんを紹介いたします。

 

小原洋子さんです。

 

テディベアだけでなく、いろいろな動物たちもつくられています。

 

 

アルパカを使われることが多いそうです。

 

LIntukotoもよく利用していただいております。

 

 

 

こちらは、手足がちょこんとして

かわいいハリネズミちゃん。

 

ハリネズミ生地はこちらから。

 

ぜんぶステキな作品ばかりですね〜。

 

 


どうぶつたちの切手

Lintukotoスタッフです。

新しいデザインになった切手。

さっそく買いに行ってきました。

きたきつね


いちおしのリス


こんな切手に囲まれていると手紙が出したくなりますね。


かわいいしろくま

Lintukotoスタッフです。

今日はしろくまのキットをご紹介します。
名前はピィィルッカです。



手のひらにのる、とってもかわいい子です。



お顔もかわいく仕上げてくださいね!

真っ赤なマフラーをして、おめかし。

キットはこちらから。

似たタイプのリボンマフラーはこちらから。
 

くろいひつじ

Lintukotoテディベアスクール
ネットショップLintukoto
のスタッフです。

今日は来年の干支のひつじをご紹介します。

こちらは黒いこひつじ。
キットになっているので、材料をひとつづつそろえる必要がありません。



四つ足でしっかりとたちます。



目は刺しゅうでしあげますよ。



キットの中にはこんなものがはいっています。

今からつくりはじめたら、新年に間に合いますよ!

白いこひつじもいます↓



黒いこひつじ&白いこひつじはこちらから
 

オストハイマーのクリスマス

Lintukotoテディベアスクール
ネットショップLintukoto
のスタッフです。

今日の東京は雨のちくもり。
なんだかお天気がどんよりしています。

Lintukotoの窓ぎわにはドイツのオストハイマー社で作られている
おうちが飾られています。




ちょっとのぞいてみました。




あ、ちょうどイエスさまがお生まれになったところです。

キャンドルの明かりにてらされて幻想的なかんじ。

オストハイマーはこちらから

 

オストハイマーな朝。


ある朝起きて、1階の南側の窓辺に置いた、

オストハイマーのコテージに朝日が射していました。
 

前の日に近くの小学校に通っている3年生のYちゃんがたのしそうに並べていったもの。


やさしい馬の表情。

わがやにも、ちいさなコテージにもおなじように差し込む朝日。


オストハイマーのおもちゃは、おとなもこどもも目一杯はまってしまいます。

しあわせにたのしい。


オストハイマーの動物たちはこちらから。



| 1/2PAGES | >>

*calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

*Lintukotoのこと

Lintukotoとはフィンランドの言葉で鳥の住処という意味です。フィンランド神話カレワラでは、渡り鳥たちはさむい冬に、暖かく守られた土地に飛んで行き、やさしい家、Lintukotoに住むと言われてます。
Lintukoto HP →

*selected entries

*categories

*archives

*search this site.

*others